家事効率

洗濯が苦にならない間取り!動線を意識することが大切!

洗濯をスムーズに済ませる おすすめの間取りを紹介

こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。

代表的な家事のひとつ『洗濯』
毎日するものだから少しでも負担を減らしたいですよね。

実は間取りをちょっと工夫するだけで洗濯効率がぐんとアップするんです!

今回は、洗濯が苦にならない間取りを紹介します。

洗濯は洗濯機をまわす→しまうまでの行程が多い

洗濯は行程が多い

洗濯には、

洗濯機で洗う

物干し場で干す

洗濯物を取り込む

洗濯物をたたむ

洗濯物をしまう

といった動作が必要です。このように文字であらわすとたくさんの行程があることがよくわかります。

洗濯は1日1回、子育て世代や大家族・アトピー持ちが家族にいる場合は1日に何回も洗濯機を回すこともあるかと思います。

ゆう
ゆう
我が家も子供が食事やお外遊びでよく服を汚すから何度も洗濯機を回してるよ

洗濯は必ずやらなくてはならない家事だから少しでも負担を軽減させたいですよね。では次に洗濯の負担を減らす間取りをお話します。

洗濯にかかわるものを近くに設置する

洗面所が1階で2階バルコニーが寝室に接している場合、

洗面所→階段→寝室→バルコニー

といった感じに移動しなくてはなりません。毎日やることなのにこんなに移動距離があるとたまったもんじゃないですよね。

そこでおすすめなのが、

・洗面所
・バルコニー
・部屋干しスペース
・クローゼット

といった洗濯にかかわる場所を近くにさせることです。これらが近くにあることで洗濯の一連作業がスムーズになりますよ。

動線(移動する経路)が短い分、時短効果があるので余った時間で他の家事や自分が好きなことをする時間に充てることができます。

負担が大きいところを優先して近くにする

洗濯にかかわる場所は同フロアが理想ですが他の部屋との兼ね合いですべてを近くに設置するのが難しいことも考えられます。そんな場合に優先すべきは『洗濯機と物干しスペースを同フロアにする』ことです。

「1階に洗濯機があって、2階のが一般的じゃないの?」と思った方もいるでしょう。そのような家が多いのは確かです。ですが洗濯効率を考えると断然同フロアにあったほうがいいですよ。

なぜなら洗って濡れている衣服は重くて階段の上り下りが大変だからです。冬は特に服が重たいので階段を上りながら息切れ…なんてことも。それに比べ乾いたあとの衣服は軽いためたたむ場所やクローゼットは別フロアでも比較的楽でしょう。

1階→洗濯機+勝手口
2階→洗濯機+バルコニー

を近くに設置しましょう。

3階建ての場合に1階に洗濯機・3階に物干しスペースを設置するのは負担が大きいのでやめましょう。

洗濯におすすめの間取り『部屋干しスペースをつくる』

部屋干しスペースをつくる

「共働きで夜しか干せない」
「花粉症の家族がいる」

このような家庭は部屋干しスペースは必須です。ですが「私は外干し派」という方でも部屋干しスペースは用意しておいた方がいいでしょう。

雨の多い梅雨の時期などはどうしても部屋干しをすることになります。そのときに部屋干しスペースがないとリビングや寝室などに干すことになりますが、『生乾き』になってしまうことも。

ゆう
ゆう
生乾きの臭いって一度つくとなかなか落ちなくて困りますよね。洗濯して臭いが消えたと思っても、また濡れると臭ってくる厄介者

洗濯物の生乾きの原因は『なかなか乾かないことによる菌の繁殖』です。ですから部屋干しするときには、

・風通しを良くする
・湿度に気を配る

といった条件が必要となってきます。これらの条件を意識した部屋干しスペースをつくるとよいでしょう。

洗濯におすすめの間取り『ファミリークローゼットをつくる』

洗濯ものを畳んだあとに「夫の服は寝室」「娘の服は子供部屋」といった感じに個々の部屋へ持っていくのってなかなか面倒。部屋が離れていると余計移動時間がかかってしまいますよね。

そこでファミリークローゼットがあると便利です。大型のウォークインクローゼットにして家族全員分の衣服を収納するようにすれば、一ヶ所にしまえて作業が簡単になります。

場所は家族みんなが取りやすいように廊下に設置することをおすすめします。

洗濯におすすめの間取り『干す場所や収納場所の近くにたたむスペースを』

洗濯物を取り込んでからクローゼットにしまうまでの間に、『たたむ』作業があります。

リビングでたたんでいると急な来客のときに慌ててしまうかも。山積みのまま放置も出来ませんよね。

そこで干す場所や収納場所といった動線上にユーティリティや畳などの洗濯物をたたむスペースを確保することによって

・無駄な動作が減る
・中断しても気にならない

といったメリットがあります。

ゆう
ゆう
子育て中はなにかと家事を中断しがち。置いておけるスペースがあるだけで気持ちが軽くなるよ

さいごに

洗濯は毎日する家庭が多く、少しでも負担を減らすためには間取りづくりが重要です。

  • 洗濯にかかわるものを近くに設置する
  • 負担が大きいところを優先して近くにする
  • 部屋干しスペースやファミリークローゼットをつくる
  • 干す場所や収納場所の近くにたたむスペースを設置

これらのことを意識した間取りづくりをすれば無駄な動作を減らることができ、空いた時間を他のことにまわせますよ。

ぜひ取り入れて楽しく洗濯をしましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の家のつくりかた

家づくりは「3回建てないと理想の家にならない」と言われています。
しかし家は高い買い物ですので何回もやり直しはできませんよね。

1度で理想の家を建てるために大切なこと、それは“情報を集めること”です。
知識を得てるかどうかで家を建てたときの満足度が格段に違ってきます。

私が家づくりで特に大事だなと感じたのは『注文住宅会社選び』『間取り』です。

それを叶えてくれるのが『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは

  1. 間取りプランを手に入れられる
  2. 気になる注文住宅会社に一括依頼
  3. 見積もりが届くので、資金計画ができる
  4. 家にいながら簡単手続き
  5. 利用料は無料

といった特徴があり、『小さなお子さんのいる家庭』共働き世帯』など、住宅展示場へなかなか足を運べない人にとって最適なサービスとなっています。

今すぐタウンライフ家づくりで間取り依頼する!

実際に私も利用し、3社から間取りプランをいただいています!

タウンライフ家づくりの評判や口コミは悪い?実際に利用した私がその実態を報告します!

間取りや資金計画プランをもらい
家族揃ってテーブルを囲みながら
理想の家をつくりませんか?