二世帯住宅

二世帯住宅の完全分離型は理想の形?!特徴やメリットとデメリットをご紹介!

完全分離型は二世帯住宅の理想形?!特徴やメリットとデメリットをご紹介!

こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。

私の周りで二世帯住宅にする人たちの多くは完全分離型にしています。

完全分離型にすることで親世帯と揉めることなく仲良く暮らせているそうです。

今回は二世帯住宅の中でも特に注目されている完全分離の特徴やメリットデメリットについてお話ししていきます。

二世帯住宅の完全分離型『特徴』

完全分離型は、

・玄関
・キッチン
・お風呂

など、全てが親世帯・子世帯で別々にある二世帯住宅のことをさします。

分離の仕方には二種類あり、

・上下分離型
・左右分離型

でそれぞれメリットやデメリットが違います。

上下分離型

上下分離型は親世帯と子世帯が各階で生活空間を区切っている形の二世帯住宅です。

ちなみに二階建ての場合、親世帯が一階に住むことがほとんどです。

なぜなら親世帯は年老いていくと階段を上るのが大変になってきます。実際にご近所に住んでいる老夫婦のお宅ではもう何年も二階に行ったことがないそうです。

ゆう
ゆう
無理して階段をのぼって踏み外しでもしたら大変だもんね

バリアフリーの観点から親世帯を一階にする家族が多いんですよ。

ゆう
ゆう
私たちも上下分離型の一階親世帯・二階子世帯で建てるよ

デメリットとして上の階の足音などが聞こえてしまうことです。

特に子供が小さいときのバタバタ音は響くので、音に敏感な人は気になってストレスになってしまう可能性があります。

左右分離型

左右分離型は家を縦に区切った形の二世帯住宅です。

上下分離型と比べると生活音が聞こえにくく、「お隣さん」のような感覚にしてくれます。

デメリットは、階段が二つ必要になってしまうため生活スペースが狭くなることです。

二世帯住宅の完全分離型『メリット』

干渉が少ない

二世帯住宅の一番のトラブルの原因はプライバシーの確保が難しいことです。「子供を幼稚園に送り出したからリビングでちょっと休憩しよっと」などと思っても、姑が家にいたらのんびり休んでもいられないです。

親世帯がどんなにいい人たちでもやはり同じ家にいると思うだけで思い通りに行動しにくくなってしまいます。

完全分離型にしておけば顔を合わせる機会はぐっと減ります。そのため

「また今日も出かけて…」
「いつも部屋に籠りっぱなしね」

なんて思われずに済みますよ。

世帯ごと生活リズムを確保できる

親世帯と子世帯では生活リズムが違ってきます。

例えば

子世帯の日常
・朝はバタバタと自分や子供の支度
・日中は仕事のため留守
・夜遅くに帰ってきてそれから食事や洗濯

親世帯の日常
・朝早く起きゆっくりと身支度
・昼間に家事を済ます
・早めの夕飯・早めの就寝

といった感じに生活リズムはどうしてもバラバラに。同じ空間で暮らしていると、どちらか一方(もしくは両方)が無理に合わせなければならなくなってしまいます。

ゆう
ゆう
こういった生活の違いでのストレスから二世帯住宅を後悔する人は多いよ

完全分離型なら、自分たちのペースで生活することができますのでストレスは軽減されます。

好きなデザインや配置にできる

一緒に生活していると

「玄関の置物が趣味じゃない」
「砂糖、この場所じゃ取りにくいよ」

といったように不満はつきものです。

それはひとりひとり生活の癖や好みは違いますから当然のことなんです。

キッチンは特に使いやすさ重視の場所なので、使いにくい配置に調味料があったりすると一気に料理が大変になってしまいます。

ゆう
ゆう
自分の家なのに思い通りにできないのは窮屈です

完全に壁で隔てられている完全分離では、親世帯のことは気にせず好きなように配置できますよ。

賃貸にしやすい

二世帯住宅は親世帯が亡くなると空き部屋ができてしまいます。

空き部屋を使わずそのままにしておくのはもったいないですよね。そのため賃貸として他人に住んでもらうことで空き部屋を有効活用できるし収入も手に入れられますよ。

ゆう
ゆう
将来賃貸にするんだったら左右分離型の方がプライバシーが守られておすすめだよ

二世帯住宅の完全分離型『デメリット』

費用が2軒分に

完全分離型は家は1つであるものの、玄関やキッチン・お風呂など全てが2個ずつ必要です。そのため他の二世帯住宅の形に比べ費用がかかります。

2軒分の費用が掛かるくらいに思っておいた方がいいでしょう。

そのため「できるだけ安く家を建てたい」と思っている方には不向きです。

坪数が大きくなる

単世帯では25坪~30坪程の大きさの家を建てているところが多いです。

ですが二世帯住宅の完全分離型となると設備が2個ずつ必要ですからどうしても坪数は大きくなってしまいます。

ゆう
ゆう
我が家も6人で50坪程度の家を建てる予定だよ

ですからある程度の土地の広さが必要になってきます。

狭い土地でも縦に長く(3階建てなど)してみるといいでしょう

さいごに

今回は二世帯住宅の完全分離型について紹介しました。

簡単にまとめますと、

要点まとめ
  • プライバシーを確保できる
  • 将来賃貸にできる
  • 費用や坪数が大きくなってしまう

費用や坪数がクリアできれば完全分離型は最高の二世帯住宅の形といっていいでしょう。

二世帯住宅づくりのお役にたてれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の家のつくりかた

家づくりは「3回建てないと理想の家にならない」と言われています。
しかし家は高い買い物ですので何回もやり直しはできませんよね。

1度で理想の家を建てるために大切なこと、それは“情報を集めること”です。
知識を得てるかどうかで家を建てたときの満足度が格段に違ってきます。

私が家づくりで特に大事だなと感じたのは『注文住宅会社選び』『間取り』です。

それを叶えてくれるのが『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは

  1. 間取りプランを手に入れられる
  2. 気になる注文住宅会社に一括依頼
  3. 見積もりが届くので、資金計画ができる
  4. 家にいながら簡単手続き
  5. 利用料は無料

といった特徴があり、『小さなお子さんのいる家庭』共働き世帯』など、住宅展示場へなかなか足を運べない人にとって最適なサービスとなっています。

今すぐタウンライフ家づくりで間取り依頼する!

実際に私も利用し、3社から間取りプランをいただいています!

タウンライフ家づくりの評判や口コミは悪い?実際に利用した私がその実態を報告します!

間取りや資金計画プランをもらい
家族揃ってテーブルを囲みながら
理想の家をつくりませんか?