子育て

子育てにぴったりな間取りや設備のおすすめはコレ!ママ目線の素敵な家づくり!

ママ目線! 子育てに最適な 間取りや設備を知ろう

こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。

子育てって嬉しいこともたくさんあるけど、それと同じくらい大変ですよね。

・子育てが少しでも楽になる家にしたい
・子供と触れ合う時間を増やしたい

そんな思いを手助けするぴったりの間取りや設備があるんですよ。

今回は子育て世代に合った間取りと設備について紹介します。

子育てにおすすめの間取り『リビング階段』

リビング階段は子育て世代に便利
  • 子供が帰宅したのに気がつかなかった
  • いつの間にか出掛けていた
  • 子供部屋にこもっているから会話が少ない

思春期を迎えると、子供と話す機会がぐっと減ります。親としては心配ですよね。

2階以上の家では廊下に階段を設置していることが多いですが、最近ではリビングにつける人が増えています。

そうすることにより自然と顔を合わせる回数が増え、子供の様子を見ることができます。

子育てにおすすめの間取りや設備『リビング(ダイニング)に勉強机を設置する』

勉強スペースをリビングダイニングに設置しよう

子供が宿題する場所といえば

  • 子供部屋
  • リビング(ダイニングも含める)

この2つのどちらかであることがほとんどです。

しかも小学生の多くはリビングで宿題をしているんですよ。

「1人」ではなく「ママと一緒の空間」で宿題をすることで子供のやる気や集中力がアップするんです。

子供がわからない問題があっても聞きやすいですし、ママも子供の様子を見ることができるので安心ですね。

中でもダイニングテーブルで勉強する子は多いですが、食事の準備をしているときには正直ちょっと邪魔。

料理中のママ
料理中のママ
料理をテーブルに置けない…

リビングやダイニングにちょっとしたカウンターをつけ、そこで宿題をやってもらえればダイニングテーブルが空いて料理を置くことができます。

このカウンターは子供の宿題だけでなく、パソコンを置いたり読書をしたりと幅広く活躍できます。

一条工務店『キッズカウンター』は子育て世代が注目!価格は?収納はあるの?疑問や魅力に答えます!
一条工務店『キッズカウンター』は子育て世代が注目!価格は?収納はあるの?疑問や魅力に答えます!こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。 一条工務店のキッズカウンターをご存知ですか? 子育て世代が注目して...

子育てにおすすめの間取りや設備『リビング横にプレイルーム』

あなたは家の中で子供をどこで遊ばせていますか?

リビングで遊ばせている人が多いでしょうが、おもちゃがリビング中に広がって毎日の片づけが大変ですよね。

だからといって別の部屋で遊ばせるのは、ちょっと心配。
子供が小さいうちは見える範囲で遊んでいてもらいたいですよね。

ゆう
ゆう
見えないところだと気になって家事に集中できない…

そこでリビング横に子供が遊べる空間(プレイルーム)を設置することで、料理中でも子供の様子をうかがうことができます。

わかりやすく区切っておくことで、子供に「おもちゃで遊ぶ場所」と認識してもらえ、片付けがぐっと楽になりますよ。

またフローリングではなく畳にしておけば、お昼寝やおむつ替えなど子供を下ろしたいときにも便利ですね。

ゆう
ゆう
子供が大きくなってからはちょっとした来客スペースにできるよ

子育てにおすすめの間取りや設備『開放的なキッチン』

キッチンの設置場所は大きく分けて

  • 独立型
  • 一部独立型
  • オープン型

となっています。この中で子育て世代はオープン型のキッチンをおすすめします。

小さな子供はリビングで過ごすことが多いです。そのため開放的なキッチンだと料理をしながらでも子供の様子を確認することができます。

ゆう
ゆう
子供との距離が近くなるから自然と会話が増えるよ

また、キッチンを壁から離れた場所に設置する『アイランドキッチン』にすることで、キッチン回りに空間ができ「子供が料理を手伝いやすい」といったメリットがあります。

子育てにおすすめの間取りや設備『ダイニングやキッチンの近くに浴室』

小さい子供の食事はとっても大変。
食べてくれるのは嬉しいけど顔や手がベタベタ、なんてことは日常茶飯事です。

ゆう
ゆう
なんで髪までベタベタなの?(驚)

汚れがひどいとそのままお風呂へ直行させるママは結構いるのではないでしょうか?

お風呂まで距離があると、連れて行っているうちに壁を触られたり服に付いていた汚れが床に落ちてしまった…など掃除の手間が増えてしまいます。

浴室が隣にあればさくっと子供を連れていけるので便利ですよ。

また、子供が少し大きくなって自分でお風呂に入れるようになってからも、「ちゃんと洗えてるかな?」「滑ったらどうしよう」など、ママは気が気じゃないですよね。

子供がお風呂に入っているときって、ママはキッチンに立っていることが多いのではないでしょうか?

ママ子供
『お風呂→夕飯』の場合食事の支度お風呂
『夕飯→お風呂』の場合食事の片づけお風呂

キッチンの傍にあることによって子供たちの声が聞こえやすいですし、様子を見に行きやすいメリットがあります。

子育てにおすすめの間取りや設備『全館床暖房にする』

冬のフローリングってすごく冷たいですよね。エアコンをつけているのに上半身ばかり熱くなって足元は冷えきっている、なんてことはありませんか?

つまり、床に近い赤ちゃんや子供はもっと寒いんです。

床暖房を設置することで足元からぽかぽかになり、冬の寒さを感じなくなります。

最近は床暖房の需要が高まり、リビングなど人が集まるところに設置する家が多くなりました。

しかし、リビングだけだと廊下や脱衣所・トイレなどは極寒です。

  • 子供とお風呂のあと、着替えさせているうちに自分の身体は冷えきってしまった
  • トイトレ中、トイレは寒いからと子供が行きたがらない

など、寒さによる支障はいくつもあります。

床暖房を家全体に設置することで、どこにいたって快適に過ごすことができます。

一条工務店の全館床暖房は子育て世代の味方!その8つの理由を紹介!
一条工務店の全館床暖房は子育て世代の味方!その8つの理由を紹介!こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。 子育て世代が家を建てようと思ったときに考えることのひとつといえば、 ...

子育てにおすすめの間取りや設備『脱衣所に勝手口』

子供ってよく泥だらけになりますよね。

  • 公園で泥んこ遊び
  • 雨上がりの水溜まりにダイブ
  • 走り回って土の上で転ぶ

など、汚れる要素はたくさん。すぐにでもお風呂に入れて洗いたい…。

そんなときに脱衣所に勝手口があることでお風呂に直行できます。汚れた服だってすぐに洗えちゃえますね。

ゆう
ゆう
そのまま行けるから床が汚れずにすむね

子育てにおすすめの間取りや設備『広い玄関』

  • ベビーカー
  • 三輪車
  • 自転車
  • 砂場遊びの道具
  • ボール

など、子供が外で使うものってたくさんあります。外に置いておくのも手ですが、雨で汚れてしまったり置くスペースがなかったりしますよね。

玄関を広くすることで、それらが邪魔になることなく家の中にしまうことができますので汚れる心配がありません。

ゆう
ゆう
広い玄関だと子供の靴を履かせるのも楽だよ

子育てにおすすめの間取りや設備『子供部屋の可動式間仕切り』

子供が2人以上の場合に子供部屋を人数分作るべきか、はたまた1部屋を共有させるのか悩みますよね。

小さい頃は同じでもいいですが、大きくなってくると自分のプライベートスペースがほしくなってくるものです。

ゆう
ゆう
いくら仲が良くても1人になりたいときはあるよね

そんな悩みは可動式の間仕切りを真ん中に設置することで解決します。

子供が小さいときには仕切りをなくして大きな部屋。会話が弾むし、寝るときも兄弟仲良く寝られるので寂しくありません。

また、大きくなったら仕切りをつけることにより勉強に集中しやすかったりそれぞれの友達を呼びやすくなります。

さいごに

今回は子育てを手助けする間取り・設備を紹介しました。

簡単におさらいしますと、

  • リビングに階段やプレイルーム
  • 開放的なキッチンの近くに浴室
  • 脱衣所に勝手口
  • 全館床暖房
  • 広い玄関
  • 変動式の間仕切りがある子供部屋

などを取り入れるとぐっと子育てしやすい家に近づきます。

ただし、人が一人一人違うように家もそれぞれ形が違います。

今回あげたものを全て取り入れるのではなく、あなたの子育てに合ったものを取り入れてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の家のつくりかた

家づくりは「3回建てないと理想の家にならない」と言われています。
しかし家は高い買い物ですので何回もやり直しはできませんよね。

1度で理想の家を建てるために大切なこと、それは“情報を集めること”です。
知識を得てるかどうかで家を建てたときの満足度が格段に違ってきます。

私が家づくりで特に大事だなと感じたのは『注文住宅会社選び』『間取り』です。

それを叶えてくれるのが『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは

  1. 間取りプランを手に入れられる
  2. 気になる注文住宅会社に一括依頼
  3. 見積もりが届くので、資金計画ができる
  4. 家にいながら簡単手続き
  5. 利用料は無料

といった特徴があり、『小さなお子さんのいる家庭』共働き世帯』など、住宅展示場へなかなか足を運べない人にとって最適なサービスとなっています。

今すぐタウンライフ家づくりで間取り依頼する!

実際に私も利用し、3社から間取りプランをいただいています!

タウンライフ家づくりの評判や口コミは悪い?実際に利用した私がその実態を報告します!

間取りや資金計画プランをもらい
家族揃ってテーブルを囲みながら
理想の家をつくりませんか?