家事効率

キッチン周りの間取りおすすめ!料理がぐっと楽しくなりますよ!

料理がぐっと楽しくなる!キッチン周りにこだわった理想の間取りを手に入れよう!

こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。

キッチンは家事の中でも重要なポジション。キッチンが使いやすいかどうかで家事のしやすさが大きく左右されます。
せっかく家を建てるのですから楽しみながら料理をしたいですよね。

今回は、家事効率が上がるキッチンの間取りを紹介します。

キッチン周り間取りおすすめ『カウンターテーブルを備える』

  • ダイニングテーブルまで運ぶのが面倒
  • 片付けを楽にしたい
  • できたての料理を食べてもらいたい

そんな悩みをお持ちの方は、キッチンにカウンターテーブルを取り付けてみてはどうでしょう?キッチンの目の前にあることで料理した際の配膳・片付けが楽になります。

また、

  • もう1品作りたいけど、子供がご飯を食べてるからできない
  • 洗い物をしている間に子供に食べていてもらいたい

小さい子供がいる家庭では子供を放置してその場から離れることってちょっと難しいです。

目を離した隙に、

食べ物をぐちゃぐちゃにして遊んでた
ベタベタの手で服を触ってしまい服が汚れた
自分で椅子から下りようとして転落してしまった

など、小さい子供がいる家庭ではあるあるですよね。

キッチンの目の前がカウンターであれば料理や洗い物をしながらでも子供を見ていられますし、何かあったらすぐに対処できます。

キッチン周り間取りおすすめ『ダイニングテーブルと横ならびに設置』

キッチンとダイニングテーブルを対面に配置するのが主流でしたが、最近では横並びに配置する間取りも増えてきました。

なぜなら、横並びはキッチンからダイニングテーブルへ横にスライドするだけなので配膳・片付けがすっごく楽なんです。

他にも、

  • 料理中に椅子に座って休憩しても、コンロの様子がわかる
  • 食事中に振り向いて冷蔵庫のものが簡単に取れる
  • キッチンだけでなくダイニングテーブルにも調理中の食材を置ける

などのメリットがあります。

ゆう
ゆう
キッチン側の椅子に座るとキッチンの内側が見えちゃうから、そこを気にしない人には向いている間取りだよ

キッチン周り間取りおすすめ『キッチン背面に収納』

料理をしてて
「あ、お皿出し忘れてた」
なんてことはありませんか?

そんなときに、取りたいものがキッチンから距離があるとちょっと面倒。忙しいママにとってこの動作だけでももったいないですよね。

キッチンが背面にあればくるっと振り返れば簡単に欲しいものに手が届きます。

キッチン周り間取りおすすめ『キッチンに窓を設置』

キッチンに窓もなく、しかも独立型のものだとなんだか孤独感を感じませんか?
閉鎖空間だと、ちょっと心も塞ぎがちになってしまうかも。
料理はできるだけ楽しい気持ちでつくりたいですよね。

そんなときには、窓を設置することで視界を広げることができますよ。

窓はキッチンの壁に設置できなければダイニング越しに大きな窓がキッチンから見えるとよいです。

外が見えることで、

  • 四季を感じることができて心地よい気持ちなる
  • 天気がわかるので急な雨でもすぐ気がつける

などのメリットがありますよ。

キッチン周り間取りおすすめ『誰かと一緒に料理するなら回遊動線のオープンキッチン』

  • 子供にお手伝いを頼みたい
  • ホームパーティで友達と料理する

そんな方には回遊動線のあるオープンキッチンがおすすめです。
回遊動線とは家の中をぐるっと回れる間取りのことで、キッチンだと島のような配置のアイランドキッチンのことです。

1人がコンロを使って料理をしてもう1人が洗い物、そんなときに行き止まりのあるキッチンだと奥側で作業する人はちょっと不便です。どちらからでもキッチンに出入りできるようにすれば移動が楽ですし効率も良くなりますよ。

キッチン周り間取りおすすめ『玄関の近くにキッチンを配置』

  • 牛乳
  • ペットボトル
  • お米

といった買い物で重たい荷物を持って家に帰ったときにキッチンが遠いと大変ですよね。
また、週末などに1週間分の食料をまとめ買いする家庭では荷物が多いので余計大変だと感じるはずです。

そこでキッチンと玄関を近いところに配置すると、動線が短くなりぐっと便利になります。

ゆう
ゆう
料理中にチャイムが鳴ってもすぐに対応できるよ

キッチン周り間取りおすすめ『勝手口やサービスバルコニーを配置』

  • ゴミの日までのごみ保管
  • 料理で使ったザルを外に干しておきたい
  • 泥が付いている野菜を置いておきたい

そんなときに勝手口がキッチン近くにあるとすごく便利です。簡単に外に出せておけますし、野菜を取りたいときもすぐに取りに行けます。
2階にキッチンがあるときは勝手口は使えませんのでサービスバルコニーを設けましょう。

サービスバルコニーとはLDKなどのある大きなバルコニーとは違い、小さめのバルコニーのことです。サブ的な役割なので直射日光の当たらない北側につけても問題ありません。勝手口とは違い高さがあるので、外から見えないような配慮をするといいですね。

ゆう
ゆう
家の中にゴミを置いてると臭いとか虫とか心配だから、あると嬉しいよ

キッチン周り間取りおすすめ『階段近くにキッチンを配置』

ママにとって朝は一分一秒を争う時間帯。
朝ごはん作り、お弁当作り、洗濯、片付け、ごみをまとめる、子供の着替えなど大忙しです。

特にキッチンに立つ時間は長く、起きたらまず始めにキッチンへ直行して

  • お湯を沸かす
  • 炊飯器のスイッチを押す
  • 作りおきしていたものをレンジでチンする

といったものを済ませる方が多いのではないでしょうか?

つまり、寝室→キッチンまでの距離が短ければ短いほど時間短縮に繋がります。

ただ、1階にキッチン・2階に寝室を設ける方が多いのが現状です。ですから階段を近くに配置することで動線が短くなりますね。

ゆう
ゆう
朝に心のゆとりができるよ

さいごに

キッチンは女性にとって神聖な場所、だからこそ満足のいく間取りにしたいですよね。
せっかく新しいキッチンにしたのに「なんか不便だな」なんて感じるのは悲しすぎます。

  • キッチンにカウンターテーブルを備える
  • ダイニングテーブルと横ならびに設置する
  • キッチンに窓や背面に収納を設置する
  • 複数で料理するなら回遊動線のあるオープンキッチンが便利
  • 玄関や階段近くにキッチンを配置する
  • 勝手口やサービスバルコニーを配置する

これらを意識してキッチンの間取りを考えれば、料理がぐっと楽になりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の家のつくりかた

家づくりは「3回建てないと理想の家にならない」と言われています。
しかし家は高い買い物ですので何回もやり直しはできませんよね。

1度で理想の家を建てるために大切なこと、それは“情報を集めること”です。
知識を得てるかどうかで家を建てたときの満足度が格段に違ってきます。

私が家づくりで特に大事だなと感じたのは『注文住宅会社選び』『間取り』です。

それを叶えてくれるのが『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは

  1. 間取りプランを手に入れられる
  2. 気になる注文住宅会社に一括依頼
  3. 見積もりが届くので、資金計画ができる
  4. 家にいながら簡単手続き
  5. 利用料は無料

といった特徴があり、『小さなお子さんのいる家庭』共働き世帯』など、住宅展示場へなかなか足を運べない人にとって最適なサービスとなっています。

今すぐタウンライフ家づくりで間取り依頼する!

実際に私も利用し、3社から間取りプランをいただいています!

タウンライフ家づくりの評判や口コミは悪い?実際に利用した私がその実態を報告します!

間取りや資金計画プランをもらい
家族揃ってテーブルを囲みながら
理想の家をつくりませんか?