家事効率

すっきり片付けられる間取りはコレ!散らかっているなんてもう思わせない!

散らかっているなんてもう思わせない!すっきり片付けられる間取りを知ろう!

こんにちは、ゆう(@uchicchi_ouchi)です。

家が片付かない最大の理由、それは『物が多い』からです。どんなに綺麗に片付いていても見えるところに物が積み上げられていると、生活感丸出しで「散らかってるな」と思われがち。
つまり家を綺麗にするには『いかに物を収納できるか』にかかっています。

とはいっても、ゴチャゴチャにしまって欲しいものがどこにいったかわからなくなるようじゃ意味ないですよね。

今回は、使いやすい収納の間取りをご紹介します。

片付けしやすい間取り『収納は奥行きが大切』

「収納できるスペースがたくさんほしい」と思って大きな収納を作ってしまいがちですが、ちょっと待ちましょう!

収納棚にしまうものは、

・布団
・衣服
・食器
・本、CD

など、大きさはさまざま。つまり置くものに合わせて奥行きを決めるべきなんです。

本を置く収納棚の奥行きが深かったら取りずらいし、整理していて「あれ?こんな本あったっけ?」といったように存在を忘れてしまうことがあります。

あまり使わないスペースができてしまうと勿体ないです。大きければいいってものではなく、使える収納にすることが大切ですよ。

片付けしやすい間取り『造作壁面収納』

リビングは特に物が多く散らかりがち。だけど人を招き入れる部屋なので綺麗でいたいですよね。

そこで家に合わせた壁面収納がおすすめです。

後から家具を買うと、どうしてもサイズが合わなかったり同色が見つからなかったりと問題が起きがち。一緒に作ってもらえばその心配は無用です。

片付けしやすい間取り『オープン収納』

リビングなど、人が集まるところにおすすめなのがオープン収納です。

オープン収納とは扉のついていない収納棚のことを指します。置いてあるものが見えることから「見せる収納」と呼ばれています。

本やCDなどを綺麗に並べておくだけで、インテリアの一部となり部屋のおしゃれ度がアップ!

「棚にただ片付けるだけ」の動作が「楽しみながら収納する」に変わりますよ。

片付けしやすい間取り『洗面所の収納は大きい方がいい』

洗面台って細々とした小物が多く散らかりがちです。

・歯ブラシ
・歯磨き粉
・洗顔料
・化粧品
・整髪料

などなど、出しっぱなしにしておくと見栄えはよくないし埃も溜まってしまいますよね。

他にも脱衣所を兼ねていると、

・タオル
・シャンプーなどのストック品
・掃除用具

といった感じに洗面所は物で溢れています。ですから洗面所は収納スペースを大きくしたほうがいいでしょう。

ゆう
ゆう
扉つきの収納棚にすればすっきりするよ

片付けしやすい間取り『シューズクローゼット』

家に入ってすぐにある玄関はまさに『家の顔』そこが汚いとどんなに家の中が綺麗でも家全体が汚く見えてしまいます。

玄関に靴が溢れていると履きづらいし、来客の際に見映えが悪くて嫌ですよね。

靴以外にも、

・傘
・ベビーカー
・ボール
・アウトドアグッズ
・子供のスポーツ用品
・コート

など、意外と玄関に置くものって多いんです。

そこでおすすめなのが「土足のまま入れるシューズクローゼット」。家に帰ったらシューズクローゼットへ向かい、そこから家にあがれるようにすれば便利です。

引き戸を設置し、普段は開けっ放しで来客時は閉めておけばすっきりしますよ。

ゆう
ゆう
玄関がキレイだと帰ってきたときに気持ちが晴れやかになるね

片付けしやすい間取り『ユーティリティ』

収納スペースとしてユーティリティはもってこいの場所です。

ユーティリティとは家事をするためのスペースのこと。たいてい家事をするキッチンや洗面所の傍にあり、アイロンがけやミシン・洗濯干しなどに使用します。

家事道具が揃っている

ユーティリティがあると、

・アイロン
・アイロン台
・ミシン
・裁縫道具
・ハンガー

などの家事に使う道具をいっぺんにしまっておくことができます。「ミシンはどこにしまったっけ?」と家中を探し回る必要が無くなります。

ゆう
ゆう
たまにしか使わない家事道具はどこにしまったか忘れがち。まとまってると楽だよ

やりかけでも問題なし

子供の世話をしていると家事を中断しなければならないことってよくありますよね。「ママ本読んで」「トイレ行きたい」「お腹空いた」などなど。子供が小さいと、より自分のペースで家事をするのって難しいです。

例えば、リビングのソファーに座って洗濯物を畳んでいたら子供に呼ばれて一時中断。その間他の人はソファーに座ることができません。だからといって「ちょっと待ってね」と畳み終わるのを待ってもらったりすると、子供の機嫌が悪くなってしまいます。

ユーティリティでやっていれば洗濯物が邪魔になることもないですし、放っといても誰の邪魔にもならないので自分のペースで畳むことができますよ。

突然な来客時でもへっちゃら

突然な来客のとき部屋が片付いていなく慌てた経験はありませんか?
なぜかこういうときに限って部屋が散らかっていたりしちゃうんです。

そんなときにはユーティリティが活躍します。一時的に物をしまっておけるスペースがあれば、慌てる必要が無くなりますよ。

片付けしやすい間取り『ゴミ収納』

ゴミの分別は年々細かくなっていて、数週間に1度しか出せないゴミもあります。

そのゴミをそのまま置いておくと邪魔ですし、せっかくおしゃれな家にしてもゴミ袋が見えたら生活感が丸出しですよね。

忘れがちですが、ゴミ収納スペースはとっても大事なものなのでつくっておいて損はありません。

・分別する種類
・ゴミがどのくらいの量でるか

を把握しておけば、ちょうどよい収納スペースをつくれますよ。

または1階なら勝手口、2階以上ならサービスバルコニーを設置することでもごみの保管場所になります。

さいごに

家をつくるうえで収納はなくてはならないもの。

今回紹介した、

・収納するものによって奥行きを変える
・造作壁面収納やオープン収納を取り入れる
・洗面所の収納は大きいものにする
・シューズクローゼットがあれば綺麗な玄関になる
・ユーティリティは多様な使い方ができる
・ゴミ収納を忘れずに間取りに入れる

を取り入れて片付けしやすい家をつくりましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

理想の家のつくりかた

家づくりは「3回建てないと理想の家にならない」と言われています。
しかし家は高い買い物ですので何回もやり直しはできませんよね。

1度で理想の家を建てるために大切なこと、それは“情報を集めること”です。
知識を得てるかどうかで家を建てたときの満足度が格段に違ってきます。

私が家づくりで特に大事だなと感じたのは『注文住宅会社選び』『間取り』です。

それを叶えてくれるのが『タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりは

  1. 間取りプランを手に入れられる
  2. 気になる注文住宅会社に一括依頼
  3. 見積もりが届くので、資金計画ができる
  4. 家にいながら簡単手続き
  5. 利用料は無料

といった特徴があり、『小さなお子さんのいる家庭』共働き世帯』など、住宅展示場へなかなか足を運べない人にとって最適なサービスとなっています。

今すぐタウンライフ家づくりで間取り依頼する!

実際に私も利用し、3社から間取りプランをいただいています!

タウンライフ家づくりの評判や口コミは悪い?実際に利用した私がその実態を報告します!

間取りや資金計画プランをもらい
家族揃ってテーブルを囲みながら
理想の家をつくりませんか?